2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« みつけイングリッシュガーデン | トップページ | 大毛無山は秋の気配 '12.09.01 »

2012年9月 3日 (月)

見果てぬ夢!?妙高山や~い '12.09.02

2日(日)に初めての妙高登山(2,454m)に挑戦してきました。一番心配なお天気はまずまずのようです。

Horz

いつも見慣れた妙高山と少し違う・・・山頂も今のところガスっていないnotes 待っててね妙高山heart04

Photo_2

Photo_3今日は日帰り、妙高山初登山者も半数と言う条件下、通常のツバメ温泉ルートではなく、新赤倉ゴンドラ → 大谷ヒュッテ経由のルートです。ゴンドラの運転開始8時を待って出発!

山頂駅ではウメバチソウ、ヤナギランそしてコオニユリの花たちが迎えてくれました。

Horz_2

参加者13名、スタッフ6名(ガイド2名含む)計19名を2班に分けて、いよいよ出発です。ロココは大谷ヒュッテまでは2回(市のエコトレで)行っているのですが、今日のガイドさんはかなりゆっくりの歩き出しかな?

 ブナやダケカンバの中をゆっくりと・・・。

Photo_10Photo_11

 大谷ヒュッテ到着10時、大谷ヒュッテは無人の山小屋です、ここには近くに水場もあります。ただトイレにはかなり辟易しました・・・行かれる方は覚悟して行って下さいねcoldsweats01

Horz_3

池ノ平温泉の源泉手前で再び登山道へ、いよいよ本格的な登山と言った感じです。最初よりスピードも上げたようで・・・く、苦しい・・・bearing 

Photo_5 10時半「天狗堂」到着、ここは燕温泉ルートとの合流地点です。七合目(2070m)10:50 → 八合目(2120m)11:03 → 九合目(2260m)11:41 いよいよ鎖場です。

 登る時は写真を撮る余裕が無く・・・下山の時のものですが・・・coldsweats01 ここを登るのか・・・と思った時はリタイヤしたくなりましたが、意外や意外「案ずるより産むが易」でした、でも恐かった~coldsweats02

Horz_4

 鎖場下からの下界です。

Photo_8

 鎖場上からの地獄谷方面、小さく大谷ヒュッテも。絶景かなsign03

Photo_9

鎖場到着の少し前から、ガイドさんとスタッフの皆さんが頻繁に何やら相談し始めていましたが・・・どうやらゴンドラの終了時間の関係で、山頂までは断念しなければ・・・のようです。

山頂まで後20分、約100mくらい?の岩場で昼食後に下山と決まりました。残念ですcrying またいつかリベンジします。

Photo_6B

 最後に苦しい時、励ましてくれた花と実を。上左からリンドウ、アキノキリンソウ、野生のブルーベリーそしてキバナアキギリ。妙高山のキバナアキギリも黄色と紫が混在していました。

皆でブルーベリーを食べて、その酸っぱさにずいぶん盛り上がりましたcoldsweats01

Horz_8

Horz_9

« みつけイングリッシュガーデン | トップページ | 大毛無山は秋の気配 '12.09.01 »

登山」カテゴリの記事

コメント

heartpapaさんへ

遅くなってすみません m(_ _)m

papaさんが出会ったはな、トウヤクリンドウやミョウコウトリカブトに
会えるのを楽しみにしていたんですが・・・・とうとう会えずじまいでした。
どこら辺にあったんでしょうか?機会があったら教えて下さい、

heartやまぶどうさんへ

遅くなってすみません m(_ _)m

7月29日についで約一ヶ月後の登山でした。
集団での登山はかなり疲れます。
やはり私は火打山が好きです。

先日TVで富士山が噴火するかも・・・なんて物騒な話がcoldsweats02
なんだかとっても心配になって来ちゃいました・・・
やまぶどうさん、大丈夫でしょうか?

heartポージーさんへ

相変わらず鈍亀のロココですみません m(_ _)m

実は体調万全では無かった・・・ようです。
次の日、歯を磨いてうがいしたら血が出る、出る・・・
歯肉炎かと思ったらそうではないようです、ギョッギョcoldsweats02 4日の朝もまた・・・weep
風邪が完全に直っていなかったようで、のどがヒリヒリ・・・
4日は一日ゴロゴロして過ごしました、今も少しのどが引っかかるような・・・
若くはないのだから無理は禁物ですねcoldsweats01

集団の時の写真を撮るタイミング?
それはもうカメラ任せですよ、今のカメラは動きながら適当に撮っても大丈夫!
まあ、失敗もあるんですけどね。ウォーキングと違って登山の時は結構大変です。

登頂おめでとうございます。
下界が見えてよかったですね。
26日に行ったときは雲で見えませんでした。

お早うございます。
久々の山登りのようですね。
私は高いところが苦手なので、途中で断念してしまうかも?
同じ場所に何度か行くと慣れてくるのですが・・。
今度の日曜は、富士山南麓で観察会があります。
富士山も世界遺産登録に向けて慌ただしくなってきました。
今まで通り探索できればいいのですが・・。

こんにちは~
体調もすっかり戻られて、妙高登山されたんですね♪
良かった良かった(^^) お疲れ様でした。
途中「鎖場」なんてのもある登山道、なかなかハードですね。
私なんかじゃ、緊張のあまり手に汗かいて滑って足も滑ってなんてなりそう~
こんな所登りながらカメラは無理ですよぅ。
でも綺麗な自然の花たちにもお会いになれてよかったですね。
夏の花と秋の花がちょうど重なって咲いている時期でしょうか。
いつも思うんですけど、集団でトレッキングや登山のときの
お写真ってどういうタイミングで撮られるんですか?

頂上は断念せざるを得ませんでしたか。
帰りのことも時間や体調含めて考えておかなきゃいけないですものね。
またいつか、ですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みつけイングリッシュガーデン | トップページ | 大毛無山は秋の気配 '12.09.01 »