2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 天空の花園(火打山天狗の庭)'11.7.17 | トップページ | クラインガルテン+いもり池+苗名滝 »

2011年7月24日 (日)

天空の花園Ⅱ(火打山の花)

火打山へ行ってからもう一週間経ってしまいました。新鮮味がなくなってしまいましたが・・・UPしてやらなければ花たちがかわいそうなので・・・coldsweats01 見てね。

↓オオバミゾホウズキ(大葉溝酸漿):ゴマノハグサ科 ミゾホオズキ属の多年草。富士見平から高野池ヒュッテの間にたくさん見られます。

Photo

↓たぶんcoldsweats01 ミヤマカラマツ(深山唐松): キンポウゲ科カラマツソウ属、ロココは花だけ見るとモミジカラマツと見分けが出来ません。

Photo_2

↓モミジカラマツ(紅葉唐松):キンポウゲ科カラマツソウ属

D1_2Photo_3

↓キヌガサソウ(衣笠草):ユリ科(メランチウム科) キヌガサソウ属、日本の固有種だそうです。

D2Z

↓左はハクサンチドリ(白山千鳥):ラン科ハクサンチドリ属。北方寒冷地の植物であるため暖地での栽培は困難だそうです。

右はサンカヨウ(山荷葉):メギ科サンカヨウ属

Photo_4Photo_5

↓左はベニバナイチゴ(紅花苺):バラ科キイチゴ属、実は食べられますが、あまり美味しくなかった・・・coldsweats01 

右はゴゼンタチバナ(御前橘):ミズキ科ゴゼンタチバナ属

PhotoPhoto_6

↓左は前出のコバイケイソウ(小梅蕙草):ユリ科シュロソウ属、全草アルカロイド系の強毒があるそうで、若芽は山菜のオオバギボウシやギョウジャニンニクに似ているのでご用心。

右はイワイチョウ(岩銀杏):ミツガシワ科イワイチョウ属、小天狗の庭から天狗の庭に大群落を形成しています。

DdD_2

↓左はオニノヤガラ(鬼の矢柄):ラン科オニノヤガラ属、登山口を少し入ったところで発見、ナラタケと共生する腐食植物だそうです。

右はショウキラン(鍾馗蘭):ラン科ショウキラン属。葉緑体を持たず菌類に寄生する腐生植物。ロココは十何年ぶりかのご対面嬉しいsign01十二曲りでかなりの数が固まって咲いていました。

Photo_2B

↓左はミヤマキンバイ(深山金梅):バラ科キジムシロ属)、鮮やかな黄色がまぶしい。

右はギンリョウソウ(銀竜草):シャクジョウソウ科ギンリョウソウ属、何処にでもあるものなので珍しくもないが・・・coldsweats01

Photo_3Photo_5

そして再び天狗の庭からの火打山山頂を仰ぎ、お終いhappy01

Photo_4

今度は8月14日(日)coldsweats01王子1号と再び・・・出来れば山頂を目指したいが・・・

花の名前は出来る限り調べましたが・・・間違いもあるかも・・・教えていただければ幸いです。

« 天空の花園(火打山天狗の庭)'11.7.17 | トップページ | クラインガルテン+いもり池+苗名滝 »

登山」カテゴリの記事

コメント

heart吾亦紅さんへ

いつもありがとうございます
今年は行けるかな・・・と、体力的にちょっと心配でしたが・・・
何とか天狗の庭まで行けちゃいましたcoldsweats01
王子1号とは出来れば頂上を目指したいのですが・・・

こんにちは~~
すばらしい山野草の数々、毎年楽しみにしています
ハクサンチドリ、今年もお目にかかれました~~
此方では見られない花ばかり、涼しい空気と
一緒に楽しませて頂きました
ありがとうございます~~
王子一号ちゃんとのお出かけも
至福の時間ですね、楽しんで来て
くださいね~~

heartヘンリーさんへ

ありがとうございます
先日、ヘンリーさんのところへもおじゃまして見せていただきました。
コメント残せずごめんなさいね。
天狗の庭よりも花がすごいな~と感じました。
ロココは天狗原山へ登ったことがないので、行ってみたいけれど・・・
迷子になりそうなので、ヘンリーさんにお任せします(爆)

heartポージィさんへ

いつもありがとうございます。
ポージィさんのコメントはいつもロココのはげみです

ここ1年くらいで、何事もスローになったような気がしています。
(これがきっと歳を取ると言うことなんでしょうねぇ)
若い時のようにパッパッと物事が片づけられなくなりました。
なので「ロココの庭」にいただいたコメントに返信するのもやっと・・・
なかなか「ポージィの花etc.記」に足跡を残せなくてごめんなさいね。
(でも時々はおじゃまさせてはもらっていますのでお許しくださいね)
あ~くどくど言い訳をするのも歳のせいかな・・・coldsweats01

heartやまぶどうさんへ

若き研究者の方がどんなご縁で、やまぶどうさん家に??
おばさんはそっちの方に興味津々coldsweats01 (バッカだね~)

オニオノヤガラもショウキランも、火打山の登山道脇で見られるので
探すのはとても楽ですよ~、長野と言わず妙高市へも是非いらしてください。

火打山でもキヌガサソウが咲いていましたか!お隣の天狗原山でのキヌガソソウの群落は見事でしたよ!感動しました!その様子は下記にアクセスしてください!
http://blog.goo.ne.jp/ryu1-1459/e/0bcbe5160d5c8ea04e24b93a459d8184

素適な花たちがたくさんですね。どれも会ったことのないものばかりです。
ギンリョウソウも~! そちらではどこにでもあって珍しくないのですか?w(゚o゚)w
ご紹介いただいた花たちを眺めていて思ったのですが、どの花たちも
単に綺麗・可愛いというのではなく、野趣もたっぷりですね。
火打山に天狗の庭 一生実際に目にする機会はないかもですが、
ロココさんのおかげで居ながらにしてたくさん楽しませていただけて嬉しいです。

今晩は。
土日にK大大学院で腐生蘭を研究している若き研究者が我が家にやって来ました。
二日間富士山麓のキバナノショウキランを観察して行きました。
その時、高山型のオニノヤガラとピンクの花を咲かせるショウキランの事が話題になりました。
ショウキランは、こちらでは見る事が出来ません。
長野県にはあるとの話を聞いて何時か見たいと思っています。
他の花も珍しいものばかりで興味を惹かれます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天空の花園(火打山天狗の庭)'11.7.17 | トップページ | クラインガルテン+いもり池+苗名滝 »