2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 花の斑尾エコ・トレッキング2011 | トップページ | 「ロココの庭」バラ ①’2011 »

2011年5月20日 (金)

シラネアオイ・サンカヨウ’2011

Photo_2

この季節一度は会いたい市の花シラネアオイ、豪雪の影響で開花時期が読めない今春・・・様子見のつもりで林道「重倉線」(全長 14キロ)へgosign03

山はすっかり緑濃く、初夏を思わせる。

Photo_4

山へ入って最初にあったのがこの花、サンカヨウ:メギ科サンカヨウ属の多年草。まだ雪が消えたばかりで咲いているのはこの一本だけでした。うん、カワイイ~heart04

Photo_5

更に深く分け入り(途中でゼンマイなど採りながらcoldsweats01)、いつもの場所で待っていてくれましたシラネアオイ:キンポウゲ科(シラネアオイ科として 分けることも多い)シラネアオイ属の多年草。庭で咲いているのも時々見かけますが、やはり自生地で見るのが一番ですheart04

Photo

Photo_6

おまけ:とうふ工房矢代」を過ぎたあたりで一つの雲が虹のように輝いていました。不思議な・・・・時刻はPM1時20分、異様に暑い以外は変わったこともないし、どういう現象なのでしょうか?

Photo_3

Img_3117_2 

« 花の斑尾エコ・トレッキング2011 | トップページ | 「ロココの庭」バラ ①’2011 »

野の花・山の花」カテゴリの記事

コメント

heart吾亦紅さんへ

シラネアオイは北海道~中部地方の日本海側にのみあるらしいです。
やはり寒い地方の植物なので、暖かいそちらでは無理なのでしょうか?
山野草はやはり山野で見たいものです。

heartやまぶどうさんへ

シラネアオイは日本海側の花なので・・・そちらにはないのでしょうね。
これの群落はかなり見応えがあります。

畑の植物観察?要するに菜園の仕事をなさったと言うことでしょうか?
お疲れ様でした。

おはようございます~~
今年も会えました~~
シラネアオイ、ありがとうございます~~
楽しみにしていました、自然の中に咲くシラネアオイ
本当に豊かな自然のありがたさを感じますね~~
園芸種が出回っていますが、温暖化の進む
この辺りでは無理と、毎年見せて貰うのを
楽しみにしています~~

今晩は。
いつ見ても見ごたえのある花ですね。
どことなく、ヒマラヤの青いケシを連想させます。
こんな花がこちらにもあったら、すぐに会いに行ってしまう事でしょう。
今日は天気が悪かったので、畑の植物観察をしてきました。
山歩きより疲れます。

heartyo-shi2005さんへ

彩雲、yo-shi2005さんもご存じだったんですか。
ロココは知らなかったのでビックリ!!すぐに車を止めて写真を撮りました。

木島平へは二度行っています。
1度目は仕事(測量士補でした)でスキー場へ、2度目は「やまびこの丘公園」のダリアを見に。
妙高からは割と近いんですよ。

heartポージィさんへ

今年は残雪が多く、消えた所から芽が出るので、開花時期を予測するのが難しいです。
17日(火)に一度行った時はまだ雪が多く、咲いている場所まで行きませんでした。
ここ2、3日は夏のような陽気なので一気に雪解けが進みました、予測がピッタリでheart04
「ロココの庭」にお出でいただきたい・・・なんて、思わないでもないですが・・・
「やはり野に置けレンゲソウ」ですね。

heartスヌーピーさんへ

この雲は彩雲て言うんですか、ありがとうございます。
震災の後だけにヒョッとして何かの前触れ?なんて・・・coldsweats01

これは彩雲現象ですね。綺麗ですね。
水分の多い雲と太陽の光の角度の関係で現れるようです。

ところで長野県北部の木島平村ってご存知ですか?。

こんにちは。
待望の、可愛いイラネアオイとサンカヨウ、今年もお会いになれましたね~
雪が融けたとはいえ、まだ寒そうな空気の中で、こんなに大きく柔らかそうな
葉に花も繊細そうですけど、大丈夫なんですね。
カタクリといい、これらの花といい、やっぱり山の中で自生している姿こそ、
やはりいちばんの美しさでしょうね。

面白い雲をご覧になれましたね。
スヌーピーさんによると彩雲なのだそうですね。

ロココさんこんばんわ~
綺麗雲は彩雲と言うらしいです。
雲の中にある氷の粒に太陽光が反射して輝く現象みたいです。
七色の雲は仙台では時々見れるみたいですよ。
妙高でも見れたのですね


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花の斑尾エコ・トレッキング2011 | トップページ | 「ロココの庭」バラ ①’2011 »