2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« バラ1号開花 | トップページ | シラネアオイ・サンカヨウ’2011 »

2011年5月16日 (月)

花の斑尾エコ・トレッキング2011

B妙高の里山はすっかり緑濃く、暖かいと言うより 初夏を思わせる(暑い)この頃です。そして今日はまさにトレッキング日和sun 市主催、恒例の「花の斑尾エコ・トレッキング」、バスで斑尾高原に到着、妙高のユルキャラ「妙高山」の出迎えを受けました。子ども達に大好評sign03

例年ですと斑尾山コースでしたが、今年はあの花に会いたくて「沼の原湿原コース」を選択しました。豪雪だった今年あちこちに雪がイッパイ、花が咲いているか心配しましたが・・・。所々に咲いていたオオヤマザクラが美しい!

PhotoB_9 

雪が残る道は足元が悪く大変でしたが、湿原には雪もなく早春が広がっていました。遠くからでもそこだけが輝いています、もうすぐ会えますあの花にsign01

Photo_2

B_5

もうおわかりでしょうか?

B_8

そう、リュウキンカの花です、カッワイイ~heart04

Photo_3

もちろん、水芭蕉の花だってイッパイ!!

B_10

B_11

お勉強もしてきましたよcoldsweats01 さて・・・この高原には三種類の樺の木があります。下の写真は何の木かな~? 左:シラカバ、右:ダケカンバ、そして後一種類はウダイカンバですが、残念ながらこの湿原にはありません。(ならば来年はウダイカンバがあるコースに決定!)

B_12B_13 

お昼にはもちろん美味しい「竹の子汁」をいただきました。スタッフの皆さんありがとうございました。

B_14

B_15余談です、ロココのウォーキング・パートナーさんが妙高チャンネルの取材を受けました。

以前、秋のエコトレではロココが受けたので、これってスゴイ確率だ・・・ね。

« バラ1号開花 | トップページ | シラネアオイ・サンカヨウ’2011 »

ウォーキング・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

heart吾亦紅さんへ

春の山は生きていることの喜びさえも感じさせてくれるようです。
トレッキング、今月はもう一つが決まっていて、6月も一つ予定しています。
嬉しい嬉しい季節です。

おはようございます~~
今年も見せていただきありがとうございます~~
こちらでは見られない景色にいつも夢心地
で別世界に浸っております~~澄んだ空気まで
漂ってきそうです
山桜が新緑に映えて目だっていますね~~
水芭蕉の白が生き生き見えます。

heartしょういちくんへ

毎日暇さえあれば忙しく野山を駆け回っています、ご無沙汰ばかりですみません。
妙高は今、雪国ならではの春の喜びがイッパイです。

heartやまぶどうさんへ

観察グループですか・・・いいですねぇ。
ロココも近くにあったら参加したい!
最近一般(観光客)向けの観察会に参加してみましたが・・・
あまりにお粗末なもので、ガッカリ!!

heartpapaさんへ

本当にお疲れ様でした、おかげさまで楽しいトレッキングになりました。
リュウキンカ、これ程の大群生は初めてでした、もう大感激です。
ただ、すぐ側の木道には行けなかった・・・集団行動なので仕方ないのかな・・・weep

heartすいちゃんへ

去年より一日早いだけなのに、雪の量が半端なく多かったです。
でも、リュウキンカの開花にはジャストミートheart04
これ程群生しているとは思いませんでした。
桜(オオヤマザクラ)とミズバショウ、リュウキンカ、木々のやわらかな緑
もうこれ以上の幸せは・・・ないcoldsweats01

山は未だ残雪が残ってますが春を感じる楽しそうなウオーキングだったと思います。
水芭蕉の群生凄綺麗ですよ、、、

今晩は。
リュウキンカにミズバショウ、綺麗ですね。
参加者も多そうで楽しまれたようですね。
私も先日初めて観察グループに入れて頂きました。
一人探索が多かったので、これからもっと楽しくなると思います。
小人数のグループですが、メンバーの住むところが色々な上に
凄い人達の集まりのようです。
主催者のHPは、メンバー以外非公開なのが残念です。
富士山麓に生える植物が網羅されています。

こんばんは。
昨日は、赤倉の山から斑尾の山へと飛び回って沼の原へいけなかったので今日行ってきました。
リュウキンカ。最高ですね!

まさに薫風に誘われてのトレッキングでしたね。
私も20年前、斑尾の山荘を営む高校の同級生のところに行ったとき
、5月中旬で、この黄色の花園と水芭蕉の湿原に感嘆したことを思い出しました。
この黄色の花はリュウセンカという名前だったんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バラ1号開花 | トップページ | シラネアオイ・サンカヨウ’2011 »