2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「ロココの庭」10'3.16 | トップページ | 妙高の植物図鑑 »

2010年3月21日 (日)

雪割草(Hさん家)'10

B 19日の風景写真です、あんなにあった雪も平地ではほとんど消えました。春の遅い妙高でも日一日と春の足音が早まってきました。今、越後は県の草花雪割草の季節を迎えています。

ロココも恒例になっている“友人Hさん家の雪割草”見学に行ってきましたheart04

まずは花をお楽しみ下さいhappy01

Tb

これはゼヒ拡大してご覧下さいheart04

B_2

Photo_2

T_2

庭に設置された巨大なハウスの中はほんわか暖かく、かわいいお花畑が拡がっていました。これを育てていらっしゃるご主人は 「上越雪割草友の会」の会長さんで、とにかく一年中雪割草中心の生活を送っていらっしゃるようです。育てていらっしゃる雪割草の数はこの写真の10倍以上かな?(大げさではなく)とにかくハウス内の他に、広~い庭のいたる所に・・・coldsweats01 すごいsign03 年々増えています。ほとんどは生家のあった上越市山間部の里山に移植されるそうです。その内新たな雪割草の里が生まれる?かも・・・

Z

一口メモ:日本の雪割草(キンポウゲ科ミスミソウ属)にはミスミソウ、スハマソウ、ケスハマソウ、オオミスミソウの4種があり。その分布をお知りになりたい方はこちらまたはこちらをクリックしてみて下さい。

« 「ロココの庭」10'3.16 | トップページ | 妙高の植物図鑑 »

ガーディニング」カテゴリの記事

コメント

cloudおはようございます。本当に難しい問題ですよね…。私の脳みそ、小さくてからからいっちゃってますよsign03ただ、私がお花を好きでなかったら悩むこともないのかも…coldsweats01打ち切りにしておきましょうsign03

りんさんへ

う~ん・・・こりゃまた難しい問題を・・・
ロココは最近思うのですが、人間さまがこれだけ増えて、何所へいっても人だらけ!その一方、里山は手入れもされず荒れる一方!
かつての農道は草刈りもされず、やがて雑木にのみ込まれて、手入れされた道端に咲いていた、か弱い花たちは消えていっています。
大きな流れの中で、もうどうしょうもない現象ではないでしょうか?保護されなければ確実に消えてしまいます。
雪割草や、カタクリなどの保護が各地でされていますが、致し方のないこと・・・か?
でもねぇ・・・もっと言えば、保護は地球の進化(退化)に逆らっていることなのかも・・・
なんて・・・ロココも自分が何を言っているのか分からなくなってきました。ロココの頭(能力)では太刀打ち出来ない問題ですよ。この辺で打ち切りsign01coldsweats01

おはようございます。海風のせいなのか、株がみんな小さかったです。ショウジョウバカマ、エンレイソウ、そしてオウレンもありましたがみんな小さかったです。キクザキイチゲもあったかなsign02昨年は、天地人ブームにのっかって、与板城へも行ってきましたが城あとを見せるために、自然を壊して(杉や雑木を切り倒して…)まできれいに順路を整備してありました。でも、途中でカタクリの花をみつけて、ほっとしたのを覚えています。200円払って見せていただいても、あまり感動がなかったのはそんなことかな・・・thinksign03と、思ってしまいました。自然を守らなければならないのは、やっぱり何か問題な事かな…と。団地住まいしてても、そんなこと考えちゃいますよ。ロココさんは、どうお考えですか[E:sign02]

りんさんへ

中々暖かくなりません、春が足踏みしているようですね。
大崎の雪割草の里は、滅亡の危機にあった雪割草を、地元の方々の熱意で守り育て、約30万株が群生する「雪割草の里」として整備されたそうです。
実際30万株有るかどうかはわかりませんが・・・200円の入場料は仕方ないかなと。
キクザキイチゲとかオウレンなんかも咲いていませんでしたか?

ネモフィラブルーさんへ

何かと大変な時に、雪割草を見に来ていただけて嬉しいです。
ブルーの花1鉢ですか・・・ネモフィラブルーさんはブルー系のお花がお好きですものね。近くなら持っていってあげたいです。
極める人はなぜか男の人・・・ロココはこう思います。
それは家事、雑用が無いからにつきると思います。違いますかねぇ・・・coldsweats01

慶ちゃんへ

うんうん、ロココはシンプルで淡いピンクのものが好きですよ。
色んな変化をした花は美しく華やかですけどね、自然の中に返した時にはなぜかしっくり来ない・・・

やまぶどうさんへ

「半端じゃない人・・・」同感ですねぇ・・・
やまぶどうさんもリタイヤされた後は、半端じゃない趣味家になられるのでしょうか?
ウチョウラン、まったく知らなかったのですが、ネット検索しましたら本当に変化に富んだランなのですね。

おはようございます。昨日は大崎雪割草の里へいってきましたよsign03海風がとても強かったです。寒い中の雪割草散策となりました。おひとり様200円なりぃ~sign01それにしては今一つものたりないような・・・。ロココさんのブログのほうがGOODでした。coldsweats01

今年で何度、こちらの雪割草を見せていただいたことでしょう。
ちゃんと大きくして見ましたよ。
色も形も色々で、これだけあると壮観ですね~
青い色の子、ちょっと一鉢拝借したいな~(*´v゚*)ゞ
ここまで極めるのは、蘭でもクリスマスローズでもたいてい男の人ですよね。
何故でしょう?

毎年楽しみな雪割草。
花弁のたくさんあるものもあるんですね。去年よりもさらに種類が増えましたか?外側が緑色の花弁(ガク?)がたくさんあるものは初めて見るような…。
どれもかわいいけれど、シンプルに梅の形の青系の雪割草が好きだわ~heart04

今晩は。
良くこんな花が作出出来たものだと感心します。
趣味家にとって、こういう半端じゃない人の存在が自分のエネルギーにもなります。
ウチョウランもそうですが、自生の花とはまた違った魅力や夢を持っていると思います。

りんさんへ

今日は予報が外れて、穏やかな春の一日になりましたね。
おかげで家事もガーディニング(キュウリとカボチャ、千鳥草、デルフィニウムの種蒔き)もはかどりました。
雪割草はその変化の多さゆえに、乱獲され絶滅においこまれた所が多くありますねぇ・・・
でも、Hさんのご主人のように地道に増やして里山へ返してやる、そんな活動をなさるのは素晴らしいことだと・・・
大崎の雪割草いかがでしたか?陽がさしたのできっと綺麗に咲いていたことでしょうね。

yo-shi2005さんへ

>こうなると趣味の域を脱していますね
本当ですね、友達は「毎日庭のハウスへ出勤しているようなもの」なんて言ってましたcoldsweats01
いつうかがっても黙々と植え替えやら、交配やらで忙しそうですが、お幸せそうです。

sunこんにちは。今日は、晴れているのでこれから、大崎へ行ってこようかと思っています。雪割草は、人工授粉でいくらでも種類が増えると聞きました。自然のものが一番かな…って思ったりもします。

こうなると趣味の域を脱していますね。
雪割草にこんなに種類があるなんて知りませんでした。
このくらい徹底してやれたら幸せです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ロココの庭」10'3.16 | トップページ | 妙高の植物図鑑 »