2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« いつの間にか夏!庭の花 | トップページ | 一本木公園&越後丘陵公園 »

2009年6月 9日 (火)

菩提樹の花

この樹は菩提樹シナノキ科シナノキ属 です、よく寺院に植えられていますよね。ブッダがこの樹の下で悟りを開いたとされる樹ですが・・・本当の樹は印度菩提樹クワ科イチジク属だそうです。この名前について興味のある方は、最後に載せましたので読んでみて下さい。

あたり一帯スゴクいい香りがします、蜜蜂たちがひっきりなしに花から花へ。

Z

6月4日に撮った時はまだ蕾でしたが・・・

Photo

今日はもう満開状態です。

D

Photo_2

毎日通る道で、ステキなお庭を発見lovely とにかく花がいっぱいで、それが日々増えていっている。若奥さん?風の方を時々見かけますが、今度、拝見させていただこうと・・・ワクワクhappy01

菩提樹と印度菩提樹について『草木図譜』より抜粋:「本当の菩提樹」であるのに「インド版菩提樹」、インドボダイジュという和名が付けられているのはちょっと変ですが、これは近年インドボダイジュが日本に導入された時、ボダイジュという和名を持つ植物がすでにあったからです。ボダイジュというのはシナノキ科シナノキ属に属する中国原産の落葉高木で、インドボダイジュとは縁の遠い植物ですが、葉の形がやや似ています。中国・日本の多くの地域ではインドボダイジュを屋外で越冬させるのは難しいため、寺院の庭にはシナノキ科のボダイジュが植えられています。「菩提樹の代わり」であるこのシナノキ科の植物がボダイジュと呼ばれていたため、「本当の菩提樹」であるFicus religiosaが「インド版菩提樹」と呼ばれる逆転現象が生じてしまったというわけです。

« いつの間にか夏!庭の花 | トップページ | 一本木公園&越後丘陵公園 »

心に残る風景」カテゴリの記事

コメント

ポージィさんへ

バラはもうほとんど終わってしまいました
今は「ロココの庭」ならぬ「千鳥草の庭」になっています
たぶん100本くらいはあるはず・・・

菩提樹、名前は知っていましたが、実際に近くで観察したのは初めてです。
ワンパク王子2号のもう1人のおばあちゃんちのすぐ側にあったんですね~
平日、毎日迎えに行っているので(預かってもらっています)、実がなったらまたUPしたいと思っています。
実で数珠を作れる?らしいです。

↓ロココさんのお庭の、バラ以外のお花たちも、みんな咲き誇っていますね!とても綺麗で溜息が出ます。
 
菩提樹、見たことがあるのかないのか…?
どこかのお寺でそうと知らずに見たことがありそうですよね。
こんな花をさかせるのですね。それもいい香り?
見てみたい嗅いでみたいものです。実もいっぱい生るのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いつの間にか夏!庭の花 | トップページ | 一本木公園&越後丘陵公園 »