2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

砂防公園へ

27_2今日の上越歩く会例会は我が妙高市新井地区JR新井駅から「万内川砂防公園」への往復18㎞(ロココは家から駅までの往復も歩きましたので+2㎞) 駅から朝日町経由→はね馬大橋→斐太南小学校→あらい道の駅→妙高はね馬サイクリングロード→万内川砂防公園、真夏のウォーキングとあって参加者は少なめの44名でした。

市街地を抜け田園風景の中をshoeはね馬大橋から妙高山方面を望む

27_5

トイレ休憩地「あらい道の駅」(高速道とR18の両方から入れます) 今、ここでは一面のミヤコグサ(マメ科)が迎えてくれます。道の駅を過ぎ「妙高はね馬サイクリングロード」

27_12 27_11

27_14 27_13 27_15

暑いですね~sad ひたすら水分補給に努めて歩きました。

27

27d オッあんな所に美味しそうな桃がsign03 つかさず写真を撮りに近づいたら・・・他の会員さんから「盗っちゃダメだよ~happy01 アハハハ」 

木陰で一休み、腰を下ろすと・・・床暖房が効いていたsign02coldsweats01

27_2

ここではタケニグサ(竹似草、ケシ科)や特定外来生物に指定されているオオハンゴンソウ(大半魂草、キク科)の花が・・・

27_4 27_3

砂防公園では涼を求めて、多くの老若男女が川遊びに興じておりました。ニジマスを捕まえて、炭火で焼いて食べるイベントもあったそうですが・・・ロココ達が到着した頃にはもう終わっていました。

27_5

公園近くの田んぼです、法面の草があまりに芸術的に刈られていたのでUPsign01

27_6

帰路の途中、雷雲が追いかけてきた~sign03 

27_9

真夏のウォーキングはかなりハードでしたcoldsweats01 (3万歩強)

2008年7月23日 (水)

「ロココの庭」花便り(12)大きな花

妙高市では今あちこちでネムノキの花が咲いています

20

よくもこう毎日、毎日暑い日が続くもんだ・・・いささかゲンナリしている人間様を尻目に、「ロココの庭」では盛夏の花たちが元気sign03 その中でチョット大きめの花をUPしてみました。

去年ご近所の方にいただいたカサブランカが開花しました

23

エンゼルトランペットも一回目のピークsign03左から白、ピンク、黄色の三色です

23_3

23_523_7

23_623_4

そして「ロココの庭」で一番大きな(直径22㎝)花、アメリカフヨウです

23_823_9

23_1023_11

ムクゲ毎年、芽吹きの頃からずっとアブラムシにやられてしまうんですが・・・今年は花が沢山ついて嬉しいheart04

23_12

20_2今日のおまけ:20日(日)、日中は暑いので朝4時半に起きて、ジジ、ババ(父母)とジャガイモ掘りを・・・今年は豊作でした。これで3家族の1年分を確保sign01happy01

2008年7月16日 (水)

「ロココの庭」花便り(11)夏!

西日本は相変わらず猛暑日の所がお見舞い申し上げますcoldsweats02・・・妙高でも連日蒸し暑い日が続き、じっとしていても汗が・・・ワンパク王子1,2号のためにビニールプールとパラソルを買ってきました(去年破れてしまったので)。久しぶりに庭の花のUPです。

ヤマユリ:今年はなぜか1本が3本に枝分かれしてしまい??・・・16個の花が咲きました。

15

宿根フロックス:昔からある花ですが、チョットお休み中の?バラの中で元気に咲いています。

15_2

グラジオラス:元気をくれる情熱的な赤sign01他にピンクもあります。

15_3

アガパンサス:ご存じ花びらが開かないタイプです。

15_4

花手鞠:去年はプランターに植えましたが、夏の水やりが大変なので地に下ろしてしまいました。

15_5 15_6 15_7

ミリオンベル:この配色が気に入っています。

15_8

センニチコウ:定番の花ですが可愛い姿でお気に入りです。

15_9

ジニア(ファイヤー)&メランポジューム:これも定番sign01

15_10

ジニア(スターブライト):夏にめっぽう強く、晩秋まで咲いてくれます。

1515_2

ミニヒマワリ: ワンパク王子1号が種を蒔いたものです。5本芽が出て“ハッチ1号~5号”と命名されました。1号はあえなくcrying・・・2号か~5号は立派?に咲きましたが、今はこの5号だけになりました。

15_12

ルドベキア:強~い花です、庭から逃げ出し空き地で沢山咲いています。

15_13

15_15

今日のおまけ赤いダルマ?3月2日に種蒔きしたトマトがようやく収穫出来るようになりました。(3ヶ月10日かかりました)昨日収穫した中にの見つけちゃいました、どこから見ても完璧な赤いダルマですhappy01 

2008年7月12日 (土)

火打山の花(2008/7/5)

05

火打山へ登ってから早一週間、高谷池周辺&天狗の庭ではハクサンコザクラ、イワイチョウ花が咲き乱れているかも・・・今日(12日)も行ってみたかったけど天気が良くないようで・・・断念weep

すみません、写真整理&名前調べに思いの外手間取ってしまい、UPが遅れてしまいました。

ギンリョウソウ(銀竜草)イチヤクソウ科:登山口から続くブナ林の中に沢山見つけました。山地のやや湿り気のある腐植土の上に生える腐生植物です。

05d

05z

05_3

ササバギンラン(笹葉銀蘭)ラン科キンラン属  山で会ったのは初めてです。

ミヤマカタバミ

05_4

ミゾホウズキゴマノハグサ科

05d_305z_2

ベニバナイチゴ(紅花苺)バラ科キイチゴ属:実を食べた事はありませんが、あまり美味しくないそうです。

05d05z

ノウゴウイチゴ(能郷苺)バラ科:一番の特徴は花弁が6-8枚あることです。8-9月に赤く熟し、野生のイチゴの中では最高に美味しいそうです。(食べてみたいlovely

05d105d_3

ズダヤクシュ(喘息薬種)ユキノシタ科:喘息に効くそうですが?

05d_205z_2

ミヤマタンポポキク科タンポポ属: 中部地方の日本海側の高山のみに生える多年草。

05d_405z_3

シギンカラマツ(紫銀唐松)キンポウゲ科 カラマツソウ属:名前、チョット自信がない・・・ミヤマカラマツとは違うし・・・

05d_505

コイワカガミ(小岩鏡)イワウメ科:イワカガミの高山型、可憐で可愛いheart04

05z_4

ミズバショウ(水芭蕉) サトイモ科と⑫コバイケイソウ(小梅形草) ユリ科の芽:水芭蕉の花に混じってツンツン出ているのがコバイケソウ、去年はもう花が終わっていました・・・花が見たかったな~

05z_5

ヤマオダマキ(山苧環)キンポウゲ科

05_3

ナナカマド(七竈) バラ科:山頂付近のいたるところに沢山sign03

05d_605z_6

ウラシマツツジ (裏縞躑躅) (おわかりになる方がいらっしゃったら教えて下さい)その後の調べで、どうやらシラタマノキ(白玉の木)別名シロモノらしいです、ツツジ科&⑯ハイマツマツ科マツ属(赤いのが雌花、その上の地味~なのが雄花です)

05_505_4

ミネザクラ&⑱キヌガサソウ(衣笠草)ユリ科エンレイソウ属

05_605_7

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)キンポウゲ科キンポウゲ属

05d_805z_8

イワイチョウリンドウ科:帰ってから調べていたら、花には2種類あるそうです、雌しべが短い“短花柱花”と長い“長花柱花”。これは長い方ですね。尚、似ている花に“ミツガシワ”が有りますがこれも同様だそうです。25日にはまだ咲き始めたばかりだったので、今頃は一面に咲いているかもしれません。

05d

一気にUPしたので長くなってしまいました、お付きあいありがとうございました。調べるのも楽じゃありませんね・・・「あ~しんどかったcoldsweats01 」山へ登るより時間がかかった?間違いがあったら、ご一報下さると嬉しいです。

2008年7月 6日 (日)

涼を届けます(火打山登山)

05_3

九州地方は早くも梅雨明けsign03日本列島はここ連日の猛暑sun ロココは5日(土)ウォーキングパートナーさんと火打山に行ってきました。上の写真で気分だけでもを感じていただければ・・・。

火打山(今年はあまり良い山の写真がないので、去年のものですが・・・):標高2,462mの頸城三山(妙高山、焼山、火打山)の最高峰です。

05_4

05_6

朝5時自宅を出発、パートナーさんを拾って火打山登山口のある笹ヶ峰高原を目指しました。東の空には早くも朝日が・・・最高の登山日和となりました。

登山口で入山届けを出し6時30分いざ出発sign03しばらく割と緩やかな木道の登りが続き黒沢川で休憩を(既に何組かの人達がそれぞれに休息していました。)・・・これからいよいよ本格的な登りになります。

05_8

標高が上がるにつれ残雪が目立つようになりました。

05_9 05_10

一番はじめに迎えてくれた花はサンカヨウでした。

05_15

9時30分、高谷池ヒュッテ(標高2105m)に到着、ここで早めの昼食を取りました。同じ頃到着した男性二人組が上手そうにビール(ヒュッテで500円で販売しています)を飲んでいました。「オイオイcoldsweats01・・・まだ頂上までかなりあるんだぞ~」などと思いながら、ロココ達はお茶でガマン・・・(ゴクッ)

05_12

10時、高谷池ヒュッテを後に「天狗の庭」へ、ここではハクサンコザクラミズバショウetc・・・が迎えてくれました。

05z_3

05d1 05d

05z_4

この「天狗の庭」を過ぎるといよいよ山頂目指して・・・ここからが辛いんですよ~ coldsweats02 少しガスって来ました。

05_13

「イヤ~しんどいわ~」チョット一休みsign01「ずいぶん登ったね~」

05_14

「ヤッホ~ happy01 着いた~ happy02 」今年も無事に山頂に立てましたsign03 前出のビールのお兄さん(昔の)と一緒に記念撮影、長野からいらした単身赴任中のお二人でした。

05b 05b_3

一つ年をとったせいか?去年より大変だったような気がする・・・「来年も来られるといいね」なんて言いながら元気?に下山の徒につきました。coldsweats01

後日、火打山の花たちをUPしたいと思います、ハクサンコザクラ、ミズバショウ、ミズホウズキ、キヌガサソウ、ヤマオダマキ、ミヤマキンバイ、ミヤマキンポウゲ・・・・まだまだいっぱいsign03咲いていました。でも一番の見頃は・・・今度の週末あたりかもしれません。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »