2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月28日 (水)

「ロココの庭」花便り(6)つるバラ

今日は「ロココの庭」のつるバラのUPです。

まずはなんと言っても「ロココの庭」の顔、3人娘です①ロココから heart04 3度目の春を迎えました。アンジェラ(濃いピンク)、去年の春にやって来て、たった1年でこの大きさになりました。③アトール99(黄色)、とにかく咲き出したら1年中咲いているsign01

28_6

26

24_3 27_3

どちらも名前不詳 ④友達のご主人が挿し木をしてくれたピンクの大輪 ⑤スタンダード仕立てのプレイボーイの鉢から芽を出した濃い赤紫、あれよあれよという間に大きくなりました。

24_2

24_4 24_5

⑥前出のカクテル。(一番右)、四季咲きでとってもお利口さんです

28_5

ジャネット、ロココにチョット似た雰囲気ですが・・・雨でボールしやすいのが難点です。

25

サハラ’98、昨年春、新苗で来たので、こんなものでしょうか?

28_3

25_2 24_6

ロイヤル・サンセット、これほど見応えがあるバラとは思いませんでした、嬉しい誤算です happy01

27

「ロココの庭」のつるバラは全部で10本、⑩はキモッコウバラですが・・・今年は花つきが悪く写真がありません weep

このところ記事のUPで手一杯で、ご訪問くださった方へのコメントや訪問が滞りがちでゴメンなさい。

2008年5月25日 (日)

「ロココの庭」花便り(5)エゴノキ

ここのところバラのUPが続いたので、他の花を・・・そろそろ夏の花にバトンタッチする季節になりました。

久しぶりに「ロココの庭」南側全体です。ビオラ・パンジーもまだまだ元気ですが・・・早春の花のイメージが強いツバキ、ビオラ・パンジーとバラの花が同時なのは面白いcoldsweats01 (ぜひ拡大してみて下さい)

24_13

あまりの勢いで大きくなる気配に、「ロココの庭」から、裏の市道の街路樹が枯れてしまった跡に引っ越した、ピンクのエゴノキが満開になりました、今年はスゴク花つきが良いです。(ぜひ拡大してみて下さい)

24_5 24_6

「ロココの庭」のたった1本のクレマチス「ベル・オブ・ウォーキング」バラと同居?しています。

24_4

24_7

輝く太陽のように明るいハナビシソウも、そろそろ終演。

24_8

このブルーがお気に入りのロベリア、こぼれ種で更新しました。

24_12

バラの下で咲くヒルザキツキミソウネモフィラ

24_11

今日のおまけ:朝から雨模様の今日、「上越歩く会」のウォーキングでした。目的地は我が妙高市の斐太史跡公・県民休養地、小雨の中、JR南高田駅を出発!!公園では竹の子汁が待っていますhappy01 約15㎞ 参加者63人。雨模様で写真はほとんど撮りませんでしたので、たった一輪、咲きかけていた「ササユリ」を。

25

2008年5月21日 (水)

「ロココの庭」花便り(4)バラよバラ

先日の強風でかなり痛めつけられたバラ達ですが・・・やっと立ち直りつつあります。ただ今「ロココの庭」には32品種ありますが、その一部をUPheart04 今日はただ流すように眺めて下さい、ロココはここのところ頬がゆるみっぱなしですhappy01

①レッドサンドラ

21_2

②一応つるバラ アトール99

2199d 2099z

③つるバラ カクテル

21_3 20z

④プレイボーイ(スタンダード仕立て)

24_2

⑤つるバラ、ロイヤルサンセット

20d

⑥ビルゴ

21_5

⑦マスカレード(花色が黄色から赤っぽいピンク?に変化します)

20_2

⑧プリンセス・ドゥ・モナコ

24

⑨名前不詳

20_3

⑩ステンレススチール(強い芳香あり)

21_7

⑪ピース

21_8

⑫つるバラ ロココ(美人さんでしょう? coldsweats01 ハハハ・・・ )

21_10

ロココ今の様子:まだ2、3個が開きかけたところです。

20_4

2008年5月18日 (日)

花の斑尾エコ・トレッキング

18_3 絶好のトレッキング日和になった日曜日、エコのため斑尾高原までは市がチャーターしたバスが運行され、朝8時前には集合場所となった「妙高市文化ホール」には大型バスが8台sign01

オリエンテーションの開場となった斑尾高原のスキー場には、続々と妙高市以外にも県の内外から約1000人の参加者が・・・オリエンテーション後、各々のコースに別れいざ出発sign03 ロココは「斑尾山登山コース」です。

斑尾山(標高1382m)は北信五岳の一つに数えられ日本三百名山の一つにも数えられています。斑尾山は新潟県妙高市と長野県2県にまたがっています。

18_2

18_4

途中まではスキー場のコースでしたが、結構キツイ登りでした。

18_5

18_6

山頂付近はまだ雪があちこちに残り、ブナの新緑が美しいsign01さて、下の写真はロココとウォーキングの相棒さんですが・・・ロココはどっちでしょうか?な~んちゃって coldsweats01

18b_4 18b

山頂付近の展望台から望む妙高山と黒姫山・野尻湖(長野県)は絶景sign03

18b_2

下山途中から見た妙高山もまた新鮮なアングルでした。

18_8

18_11下山は別コースを転げるようにcoldsweats02 トトト・・・っと。

出発地に戻ると美味しい竹の子汁が待っていてくれました。「ごちそうさまheart04でした」

2008年5月14日 (水)

「ロココの庭」花便り(3)バラの幕開け

昨日は台風の風が吹き荒れ、せっかくの蕾が吹き飛ばされないか心配しましたが、ようやく、ようやくバラの季節に突入です。

一番手はスタンダード仕立てのプレイボーイ、今年も艶やかに貴女を魅了します。

14

プレイボーイ全体とロココの家の玄関(西花だん)の右からアトール99、アンジェラ、そしてロココの様子(拡大してみて下さい、蕾がいっぱいsign03

14_3 14_4

つるバラジャネット

14_2

今日のおまけは鉢物のイソトマロベリア 右はハナテマリどちらも元気に越冬しました。

14 14_6

2008年5月12日 (月)

ホウチャクソウ&田植え

昨日の日曜日はロココの実家の田植えでした、と言っても今年からたった一枚の田んぼ(ほとんど父の趣味の田んぼですcoldsweats01)に減らしましたから・・・昔ながらの手植えで3時間程で終了sign03後は山菜採りをしてきました。そこで出会った花たちのUPです。

ホウチャクソウ(宝鐸草)の群生:ユリ科チゴユリ属  宝鐸というのは,お寺の建物の軒先に下がっている大型の風鈴(風鐸)のことだそうです。

Photo_3 Photo_4

タニウツギ:スイカズラ科タニウツギ属  白い花のウツギはユキノシタ科の植物で全くの別物だそうです。妙高では昔から庭に植えてはいけない木と言われています、意味は不明ですが・・・。

11_3 11

ウワミズザクラ:バラ科サクラ属  蕾は塩漬けにして食べられます。イヌザクラに似た花ですが、こちらの方がずっときれいです。

11_4 11_2

今日のおまけ:田植え風景  昔ながらの方法でを使います、ロココの子供の頃はこの方法の他に、格子ゴロという道具を使う植え方もありました。

11_5

11_6 11_7

11_12おまけのおまけ:田植えの後、採ってきたワラビです。 母の秘密の場所へ母娘で行ってきました。この場所には他にコゴメ、ゼンマイ、ウド、フキ、イタドリ等が沢山あり宝の山です。今年82才になった母は「来年はもうこの山へ来られないかも・・・」と言って、少し寂しそうでした。「長生きしてねsign03母ちゃん・・・」

ちなみに、この大量のワラビは塩漬けにします、初冬から来春までの野菜が少ない季節の保存食です。母がロココの家の分も一緒に漬けてくれます、親とはありがたいものです。

2008年5月 9日 (金)

「ロココの庭」花便り(2)センダイハギ

さてさて、ゴールデンウイークもあっという間に過ぎて、春もいよいよ終演ですね。北海道では夏日の後の雪で・・・どうなっているのsign02 桜に雪は妙高でも経験しますが、芝桜に雪はチョット・・・ね~。

バラの季節を前に「ロココの庭」を彩ってくれている花をUPsign03

センダイハギ:(マメ科)歌舞伎の「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」にかけてつけられた名前だそうです。庭が明るくなる鮮やかな黄色です。

09

ルピナス:(マメ科)寂しいつるバラの根元を華やかに飾ってくれています。

09_2

ジャーマンアイリス:(アヤメ科)別名ドイツアヤメ(独逸菖蒲) ハナショウブとは違い乾燥した土地で育ちます。「ロココの庭」にはこの色しかありませんが、庭のあちこちを明るくしています。

09_3

エビネ:(ラン科) 昨年友達から株分けしてもらいました。園芸種なのかキエビネなのかは不明ですcoldsweats01

09_4

エンドウブルーベリーの花:どちらも食べられる白い花つながりと言う事で・・・(苦しい~)

09_5 09_10

ギボウシオオバギボウシ:(ユリ科)この下にはユキワリソウが・・・。

09_6

09_11のおまけ: もうすぐ咲くぞ~待望のバラ達がsign03heart04

←プレイボーイ、↓つるバラジャネットと品種不明のつるバラ(花は見事なんですが・・・名前がわかりませ~ん、困った coldsweats02

09_7 09_8

妙高市新井地区では今週末、田植えの真っ最中になるでしょう。ロココも日曜日に田植えの手伝いで~すcoldsweats01

2008年5月 5日 (月)

シラネアオイ

連休も後2日(早いsign01)、どうしても行ってみたい山があります。いつもの里山より少~し高い山happy01 朝6時に出発しました、もちろん熊よけの鈴をリュックにくくり付けて。

早朝だというのに林道のあちこちに何台もの山菜採りの車が・・・(ロココの車もその内の一台かcoldsweats01 ) ゼンマイや、竹の子が出るにはまだチョット早いかな~・・・と思っていましたが、今年は里の花だけでなく、山の山菜も早いsign03

そして今年も出会いましたこの花に・・・妙高市の花シラネアオイです。咲き始めたばかりでしたが美しいその姿heart04 さすがにサンカヨウ(昨年の記事にリンクを張りました)はまだ見られませんでした、残念。

05d

05 05_2

05z

今日出会ったその他の花です。左:ミツバチグリ、右:ニシキゴロモ(かな?)

05_4 05_6

左:特別出演(爆)のオオイタドリ(草丈3~5mにもなります)(ネモフィラブルーさん、これがロココが大好きなオオイタドリですよ~、茎が緑です)右:残雪が近い!!

05_10 05_9

この山からは妙高山のすそ野が、緩く長~く広がっているのがよくわかります。白い花が咲いている木はウワミズザクラです。

05_13

今日のおまけ:昨日行った長野県戸隠の帰りに、長野から撮った妙高山です。妙高市新井地区から見る妙高山は優しい感じですが、ここからは雄々しく見えますね。

04b

04d_2

 

2008年5月 3日 (土)

「ロココの庭」花便り(1)オダマキ

03 相変わらず暑い日が続き気温が25℃まで上がりましたが、明日はもっと暑くなり28℃の予想です。雨を待って野菜苗の植えつけをと思っていましたが・・・一向に雨が降りそうにありません。苗もどんどん大きくなってしまうので思い切って・・・主人と一緒に「家庭菜園の日」となりましたhappy01この時期妙高は風がよく吹くtyphoon(5月1,2日は新井地区市街地の「風祭り」でした)ので防風ネットを張ってもらいました。普通のトマト12本、ミニトマト6本、キュウリ6本、ピーマン、カボチャ、ソーメンカボチャ各2本、シシトウ、タカノツメ各1本、今年はずいぶん欲張っちゃいました。この後トウモロコシ、オクラ、ネギも・・・。

「ロココの庭」の花はワスレナグサが盛を少し過ぎ、北側花だんのオダマキが咲き出しました。

03_2

03_3 03_4

右:ネモフィラもやっと咲き出しました。そしてアジュガ(十二単)が盛です。

03_5

青い花たちに負けじと、鮮やかなキンセンカハナビシソウも・・・。

03_6 03_7

このところの暑さで、晩春の花たちがアッという間に通り過ぎてしまわないか心配です。

2008年5月 1日 (木)

イチリンソウ

29

妙高の里山は今、何所へ行っても芽吹きが美しいsign03 もう少ししたら雑草や木が生い茂って行けない里山も、この季節にはどこへだって行けてしまう(ススキやヨシ等も雪でペッチャンコhappy01) で、山菜採りを兼ねて実家の棚田があった沢筋へ入りました。かろうじて田形がわかるかな~。昔の人はほとんど人力で田んぼを開墾したと思うのですが、山の中の田んぼはあっという間に自然に帰ってしまいます。

292s

29_5そこで見つけたイチリンソウ、昔もここにあったのかな・・・この歳になって初めて自然のままの実物と出会いました。ニリンソウは昨年UPしましたが、サンリンソウにはまだ出会っていません。

29d

イチリンソウはニリンソウより花が大きかった(花径3~4㎝)です。イチリンソウ、ニリンソウ、サンリンソウの比較はこちらのサイトにリンクを張りました、興味のある方はご覧ください。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »