2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« アロエの花 | トップページ | ヤブカンゾウ »

2007年7月13日 (金)

虫営・ギボウシ・アナベル

今朝、目覚めてカーテンを開けたら、市街地ではあまり見られない霧でした。ロココは霧が大好きなので、おもわず「オッオオッ~」。南の方では台風で大変な事になっていますが、妙高は過ごしやすい1日です。

今日はバラ接ぎ木の台木用「ノイバラ」に付いた、虫営(虫こぶ)4個を発見!!直径8ミリくらいで、中に虫?卵?が入っていました。何という虫なんだろう?

るびいさんがコメント下さいました。バラハタマバチというのだそうです。(リンクしてみてね)

13z 13_45

13z_2ギボウシがきれいです。

おしべが釣り針みたいで、おもしろいです。

 

13_47

ごん魔女さんが高原の初々しいアナベルをUPされたので、ロココは熟女のアナベルをUP! (^∇^)

13_48

13_49

まだ多少の恥じらいもあるようです。

« アロエの花 | トップページ | ヤブカンゾウ »

ガーディニング」カテゴリの記事

コメント

ごん魔女さんへ

うふふふ・・・私きれい? な~んて。ご主人があまりに色気がないから、せめて私が・・・。

オオバギボウシの花はとっくに終わってしまいましたが、これは園芸種でどちらかというと、コバギボウシに近い種類のようなので、今が盛りです。

さすが熟女のアナベルは妖艶ですね(笑)
育てる人に似るのかしら・・・な~~んてね。

ギボウシの花こちらではすっかり終わってしまいました。

minigardenさんへ

アナベル、妙高高原のアナベルがまだ咲き始めで初々しい感じなので、ロココの庭のはもう1ヶ月前から咲いているので熟女と付けました。(笑)

しょういちくんへ

本当に花期が長いですね、もう1ヶ月くらい咲いています。今年は挿し木で増やしてみようと思います。

ポージィさんへ

バラ栽培を始めて5年になりますが、虫営は始めて発見しました。
あの薄い葉っぱからこの丸いものが出来るなんて本当に不思議ですね。

ギボウシのお花は爽やかですね。
うちのもぼちぼち出てきてますねー。
アナベルはとっくに終わってしまってるので、こちらで会えて嬉しいです!
熟女のアナベルさん?!色白で初々しいですよ~

こちらでも2,3日前散歩した遊歩道で綺麗なアナベルが
まだ咲いていました。
雨が続くと咲いている期間が長いようですね。

バラの葉に虫えいを作る蜂がいるんですね!
うっすらと一部が赤く色づいてなんだか綺麗な虫えい。
割ってあったので、おぞましいものが見えるかとおそるおそる
拡大しましたが大丈夫でした。まだ小さな幼虫が1匹だけ。
それにしても、どうやったらバラの葉がこんな風に果肉のように
厚くなるんでしょう。不思議ですね。

ギボウシ、紫の細いラインが綺麗です。

横浜のおーちゃんへ

アナベルは園芸品種なので、特に妙高に多い訳じゃないと思います。雪の降る地方では「冬囲い」が不要な良いアジサイです。

慶さんへ

そうそう、慶さんまだまだ充分いけるよ!!ロココだって知らない人には「アッ君のお母さん」って呼ばれるんだから・・・?「えっへん」??それにしては、シミ・シワが・・・(^_^;)
ギボウシ、ロココもおしべがあんな風になっているってのは始めて知りました。

さまざまな虫こぶがあって面白いですね。
アナベルは妙高方面に多いアジサイなのですか。こんもり白くて綺麗ですね。

るびいさんへ

いつもお世話になってありがとう!
バラハタマバチ、今ネットで見てきましたよ~。幼虫、よく見かける虫でした。この中の虫が、根灘なんて、チョット驚き!!

アナベルって綺麗ね。いやいやまだまだ乙女のはじらいもあるじゃない?十分さあ。わたいのように!また言ってるよ(笑)ギボウシ綺麗に撮れていますね。こんな風に中をみるのは初めて!ギボウシってなかなか旨く撮れないのよね。動いちゃうし下向きにうんとうつむいているんですもの。なかなかお顔を拝見できないのよね~。ロココさんに見せてもらってうれしかったよ~ヽ(^o^)丿

こんにちは^^

虫こぶ、割ってみたんですか?
白くてプニプニしてそうですね~^^;
幼虫かなぁ・・・ワタシσ(゜-^*)←虫ガ嫌イナクセニ興味津々ナノラ^^;
【虫こぶ ノイバラ】でググッテみたところ
バラハタマバチの作る虫こぶで バラハタマフシと呼ばれているものに似ていると思いました。
赤く色づいて 実のようになるんだね~@@;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アロエの花 | トップページ | ヤブカンゾウ »